庭 雑草対策 防草 除草 シート

防草対策について

これから生えてくる雑草を抑制する防草の対策については
様々な方法があります。


除草剤であれば粒剤の土壌処理型を使えば、
長いもので半年ほどの防草効果があり便利です。
効果が半年ですから地域にもよりますが4月と10月の年2回まくことで
かなりの雑草防除が期待できます。

また、春先に何かを植える場所についても秋の早い段階で粒剤の
除草剤を使用することで、残効性6ヶ月を超えれば次の作物も
育てることが可能です。


また、その場所の地面が隠れても構わないということであれば、
ホームセンターなどで販売されている防草(除草)シートを購入して、
敷くことにより地面への光を遮断し防草することができます。


防草対策について記事一覧

防草シートを敷く

除草剤を使わずに長期間雑草を防除する方法として市販されている防草シート(製品によっては除草シートという名前)を使うことも一つの方法です。防草シートは見た目はブルーシートを黒くしたようなもので、地面に敷くことで太陽の光を遮断し、植物が生えてこないようにするものです。耐用年数は5年ぐらいとされていますが...

≫続きを読む

石・砂利を敷く

防草(除草)シート以外の方法としては、石や砂利を敷く(3cm以上の厚さで敷きます)があります。防草シートと同じように除草したあとで砂利を敷き詰めます。外観はとても綺麗です。ただし土の上に直接敷くと、人が砂利の上を通る度に少しずつ砂利が土に埋め込まれて行き、防草効果が薄れてきます。そのため石や砂利を敷...

≫続きを読む

スポンサードリンク